コラム

  1. スペアミント

     別名、グリーンミントと呼ばれるハーブで、ペパーミントに比べると甘い香りがします。香りも刺激的ではなく、料理に使うにはいちばんクセがないミントです。ベトナム料理でよく使われているのも、このスペアミントです。 疲れている時にミントティーを飲むとリラックスし、気分がすっきりします。

  2. レモン

    日本では主に広島、愛媛、熊本などで栽培されています。ビタミンCの含有量は1個に約100mgと柑橘系のなかでもトップクラス。風邪予防や美肌作りに効果があります。また、豊富に含まれるクエン酸は、疲労回復に効果があります。《新鮮なレモン》皮にツヤとハリがあり、切ると果汁がたっぷり出るもの。

  3. ぶどう

    栽培の歴史は古く、およそ5000年も前から。その品種は1万もあるとされ、世界中の広い地域でもっとも多く生産されている果物です。世界のぶどう生産量の約8割がワインの原料として消費されているのに対し、日本では栽培されたものの約9割が生食用。巨峰、デラウェア、ピオーネが人気の品種です。

  4. すいか

    90%以上が水分である「すいか」は、水分補給とともに、利尿作用によって老廃物の排出を促し、疲れを癒してくれます。体を冷やす効果もあります。赤い果肉には、抗酸化作用のあるカロテンとリコピンが含まれています。

  5. 海藻

    海藻は、エネルギーがほとんどなく、ミネラルの宝庫です。また、「こんぶ」や「わかめ」、「もずく」などに含まれるぬめり成分は、水溶性食物繊維の一種です。高血圧、糖尿病の予防、コレステロール低下、便秘の解消に効果があります。

  6. きゅうり

    成分の約95%は水分で、ビタミンCやカリウムが含まれています。カリウムには利尿作用があり、「むくみ」や「だるさ」の解消に効果があります。ビタミンCを壊す「アスコルビナーゼ」という酵素が含まれていますが、酸がこの働きを抑えるので、サラダや和え物などには酢を使うといいでしょう。

ページ上部へ戻る