御料理一覧

幼稚園・学校給食

本日の献立

幼稚園・学校給食

幼稚園・小学校・中学校・高校と、お子様の成長に沿って考えられた献立を取り揃えております。

本日の幼稚園食献立
(一部の幼稚園で内容が異なる場合がございます)

黄色い容器が玉子・乳のみの除去食です

3月20日(水)メニュー

さわらみそ漬焼
丸ごとポテトフライ
コーンもやしキャベツソテー
高野豆腐煮
ピーチ缶
のりごまふりかけご飯

本日のアレルギー対象

(卵アレルギー)
  丸ごとポテトフライ

(乳アレルギー)
  のりごまふりかけご飯

(甲殻類アレルギー)
  な  し

※調味料、サラダ油に小麦、大豆を含みます。
※そば、ピーナツを含む食品は使用しておりません。
※本製品の製造ラインでは、特定原材料を使用した製品も製造しております。

「食べ物アレルギーと咀嚼」

食べ物アレルギーはある特定の食べ物を食べる事でアレルギー症状を引き起こします。
その原因は、食べ物に含まれるタンパク質だそうです。

通常はアレルギー反応を起こさずに吸収されるタンパク質でも十分に分解されずに体内に入ってくる事で、体が過剰な免疫反応を起こし食べ物アレルギーを発症するそうです。

食べ物アレルギーの中でも卵・乳・小麦などは消化器官の発達にともなって小学生に上がる頃には、ほとんどが改善されていくといいます。

逆に小学生以降、大人になってから発症する事が多いものに甲殻類のアレルギーがあります。
こちらは一旦発症すると耐性を獲得できる可能性が低いと言われています。
アナフィラキシーショックという急性アレルギー反応も起こす可能性がある為、注意が必要です。

そこで色々とアレルギーについて調べていると興味深いものを見つけたのでご紹介いたします。
アレルギーの予防法には「咀嚼」つまりよく噛んで食べる事が有効だというものです。

アレルギーの原因となるアレルゲン(抗原)がそのまま体内に入ると抗原抗体反応を起こしてしまう為、食べ物をよく噛んで消化しやすくする事によりアミノ酸レベルまで分解させやすくなりアレルギーの予防につながるといいます。

よく噛むという事は顎の骨・筋肉の発達や便秘解消にも良いとされています。
咀嚼する事で、さらにアレルギーの予防になるのなら一石二鳥…いや三鳥です!

ちなみに咀嚼回数は一般的に20~30回が目安と言われています。
「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と心で唱えながら噛んで10回、これを2~3回繰り返してみましょう♪

「主な食材産地予定表」

きゃべつ 群馬 いんげん 中国
人 参 北海道 里 芋 中国
もやし 栃木・群馬 ブロッコリー 中国
さつま芋 茨城 鶏 肉 ブラジル
お 米 茨城・岩手・千葉・宮城 豚 肉 アメリカ・デンマーク・茨城
フランク ブラジル メークイン 北海道
ウインナー ブラジル 南 瓜 北海道
かじき 静岡 ピーマン 茨城
さわら 東シナ海 ホールコーン タ イ
北海道 ふ き 国産

ページ上部へ戻る